サービス診断士とは


多種多様な顧客サービスについて、コンプライアンスや危機管理、消費者保護の見地から診断を行い、 一定の評価基準に基づいた正確な「消費者の声」を経営者へ届ける専門家がサービス診断士です。
覆面調査/ミステリーショッパー等の手法を用いて、客観的な視点から企業の営業活動を観察し、 消費者(顧客)目線の声を経営者に届けます。


サービス診断士の仕事の魅力


役立つ実感


自分の書いたレポートが企業のサービス改善に役立つという実感がある。

経験を積める


仕事を通じて多種多様な顧客サービスに触れ、経験を積める。

眼が磨かれる


観察眼、審美眼が磨かれる。

経営目線を学べる


消費者、生活者としての目線から経営目線を学べる。

普段行かないお店へ


普段プライベートでは行かないお店に行ける。


サービス診断士資格取得のメリット


「サービス診断士」の資格取得者は、覆面調査/ミステリーショッパーの仕事をする際に、仲介企業によっては以下のような待遇を受けることが可能です。
報酬面での
優遇
仕事の優先的な
ご紹介

サービス診断士が
社会に与える効果

企業にもたらす効果


  • 提供サービスの品質を維持・向上させることにより、顧客満足度を向上させます。
  • 従業員の満足度向上や人事評価の要素として取入れる企業が増えています。上司による単一的な評価ではなく、第三者の目による評価を取り入れることで、評価の正当性を向上させます。

生活者にもたらす効果


  • 食の安全
  • 不正行為の防止
    企業のコンプライアンス順守を確認することで、私たち生活者に直結する事件を未然に防ぐことができます。